放課後デイサービス

横浜瀬谷区の放課後等デイサービス『リハビリテーション体育 あだぷと』

横浜市瀬谷区にある放課後等デイサービス「リハビリテーション体育 あだぷと」代表の山口裕輝さんにお話を伺いました。

開設したきっかけ

私は元々、高齢者向けの運動療法、PT、リハビリテーションなどをやっていました。

3年半前に、横浜で高齢者デイサービスの立ち上げを依頼され、この地域にきました。

その中で、地域活性センターとも連携を取れるようになり、ケアプラザなどで体操教室をするようになり、

そこで「瀬谷の地域で障害をもっている人たちの運動をできる場所がないから、やってくれないか?」という話になったんです。

元々体育の指導分野を得意とし、障害者スポーツについても専門的に学んできました。

自分が学んできたことを、地域のために活かせるチャンスだと思って、「リハビリテーション体育」を基本としたこの施設と立ち上げました。

社会で生きていくためのアセスメント

体力があって役立つことはあるけど、それだけではなく、子どもが卒業した後に社会で生きていく力をつけるためのアセスメントをしています。

例えば、

50mが11秒から10秒にあがったとします。

すごいね、体力ついたね、だけじゃなくて、

自信ついたよね、という点で自己肯定感をあげることができるんです。

体育やスポーツで自尊心をあげていく、というところをテーマにしています。

一番力を入れていることは?

地域に開いた事業所です。

子どもたちが自由に来ることができる。

嫌なことがあったら元気をもらいにここにくる・・・といった、地域で一番の事業所になりたいと思っています。

そのために横浜ラポールと連携を取りながら、ここを卒業した後も新横浜のラポールで運動できるよ、という環境づくりにも力を入れています。

ここを出たら終わり、という風にはしたくないんです。

発達障害の子どもの体育嫌い

 

発達障害を持っていると学校の体育って難しいんです。

集団だし、うまくできないといけないし、並ばないといけないし・・・

学校の体育嫌いになってしまうと、体を動かすこと自体が嫌いになってしまう。

 

でも、ここにきたら体を動かすことが好きになるので、親御さんの評判はいいですよ。

 

おすすめのプログラム

学校体育に沿ったカリキュラムを取り入れています。

まずは学校で苦手なことを、うちで練習して学校でも参加しやすいようにしていきたい。

あとは、空手体操もあります。

空手の動きの中で学んでほしいことをやっています。

キレイな型の動きをするのではなく、空手の型の中から、体幹をしっかりとする動きや軸を作る動き、礼儀(挨拶)など、いいところを取り入れています。

そこでもやはり、社会性を育てるという点を重要視しています。

体育の授業は社会の縮図

また、お互いの活動の中で、子供同士で触れ合う機会を増やしています。体育の授業というのは、社会の凝縮なんです。

リーダーがいて、それに従う人がいて、競争、協力があって。

ケンカもある。

学校の体育に入れない子どもも、それをここで体験してもらう。

最初は、先生と生徒の1対1,そこから1対2になり、1対10・・・というように少しづつ小集団になっていく。

そこで自分の意見を言ったり、授業を通して人とコミュニケーションを取る成功体験を積むことで、ここから出た彼らにとって一番近い社会である、学級(クラス)の1対30の中でも成功できるという自信を持ってもらえるような、プログラムにしています。

このデイサービスで過ごして終わり・・ではなく、社会に戻していくことが目的ですから。

関わり方が不器用な子が多い中、困ったことは?

子どもは十人十色です。

一緒にそのこと成長しているなって実感します。

私自身も学ぶことが多いし、どんな子がきてもポジティブに受け止めていける自信があります。

今後の目標

「リハビリテーション体育」ができる場所を増やしたい。

今はここの1つしかない。

障害を持っている方がスポーツできるような場所を、もっと増やしていきたい。

できれば健常、高齢の方も一緒に集まって、一緒にスポーツができるスペースを作っていきたい。

子どもの変化

元プロダーツの選手だったので、実はダーツもできるんです。

子どもたちも楽しそうにやっていますよ。危ないというイメージがあると思いますが、子どもたちはちゃんと使い方を理解すれば、人に向けたりしません。

野球のバットだって同じですよね?

ダーツもあくまで、スポーツの道具なんです。

 

最初はできないのですが、何回かやらせればちゃんとできるようになる。

以前、中学1年生の子でダーツが気に入っていたので、自分が手伝っている小中高向けのダーツ教室に連れて行ったこともあるんです。

感情のコントロールが苦手な子だけど、2時間半楽しそうに、しっかりとダーツをやっていました。その子は、ダーツを通して社会に触れ合うことができたんです。

中1の子は、少しづつ変わっていきました。

運動を通して社会とつながる場所に

ここで運動する場だけじゃなくて、ここを通して社会とつながる場所にしたい。

来ている子たちが、将来どうやって社会にでていくか?ということをやっていくのが、放課後等デイサービスの役割だと思っています。

 

◆お問合せはこちら◆

横浜市瀬谷区 放課後等デイサービス

「リハビリテーション体育 あだぷと」

町田にある放課後等デイサービス「テラスさくら町田」

東京都町田市の放課後等デイサービス「テラスさくら町田」管理者の船木登代美様と、株式会社横浜アカデミー 代表(学園長)の酒井 勝さんにお話をお伺いしました。

高校生を中心とした放課後等デイサービス

私たちは主に、高校生の発達障害の子どもを3年間預かっています。

同時に、相模原市南区を中心にした地域のお子さんもお預かりしています。

割合としては、高校生が7割で小中学生が3割。

特徴的なのは、小学生から高校生までが一緒に過ごす放課後等デイサービスという点です。

人との関わりの中でしか得られないもの

いま、縦社会が崩れていますよね。

少子化で一人っ子も増えています。

異年齢の集団として活動できるのが、すごく子どもたちにメリットがあるんです。自然に学べる環境がある。

お兄ちゃんお姉ちゃんが4人も5人もいるという感じ(笑)

人との関わりの中でしか得られないものって大きいんです。

 

発達障害の子どもたちは、友だちに理解してもらうこと自体がまず壁になります。

地域にお兄ちゃん、お姉ちゃんがいたら、すごく心強いですよね。

保護者の方には、それをすごく喜んでもらっています。

 

子どもたちで考えさせる

年齢の高い子どもたちに、任せることもあります。

こど者同士で考えさせる。

彼らは話し合いは難しいけど、そんな中でもそれぞれまとめ役がいて、書記がいて、ちゃんとできてくるものですよ。

 

クリエイティブ・アーツ・タイム

放課後等デイサービスは、圧倒的に預かり所的なところが多いんです。

私たちは元々学校だから、学校が「預かり所」的なことだけをやるのはよくない。

私たちはCats(キャッツ)と呼んでいる「クリエイティブ、アート、セラピー」というプログラムがあります。

毎週カリキュラムに入っています。

今はプロのミュージシャンが2人入っていて、他にドラマディレクター、ドラマセラピーの資格を持っている人、美術を教えながらカウンセラーやっている美術セラピーなどがいます。

Catsをプログラムに入れたきっかけ

高等部に昔、ブルーハーツのドラマーがきていたんです。

彼は中高不登校だったから、そういった子どもたちのためにボランティアで何かしたいと言ってくれて。

子どもたちに音楽の楽しさを教えたいと、軽音楽部を作ってくれたんです。

そこで、楽器をいじったことがない子どもたちが、ドラムを叩いたりして、すごく楽しんでくれました。

さらに音楽祭をやろう!と、音楽に合わせてダンスをしたり、ブルーハーツが来てくれたりもしたんです。

彼らは障害をもった子どもたちのバンドまで作っています。

そこが、スタートです。

 

楽しみを見つける

非常に消極的な子どもが多いんですね。

だから、そういった子どもたちが生き生きとして、そこに向かっていく姿が、療育という面で捉えるととてもいいのでは?と思うようになりました。

何かに向かっていく志を作る、という点で音楽はすごくいいと思いました。

高等部で触発されて、そのままドラマーになっちゃった子どもも、卒業生として来ています。子どもたちに自分にもできることがあるのでは?と。

サポート校ピア高等部について

高等部は平成7年に開講した、歴史のある学校です。

当時、不登校という言葉が出だして、神奈川県内に3,000人ぐらいの不登校の子どもが居る・・ということが、社会問題になっていました。

私たちの理事長が兼任していた高校は、3校とも中学の出席率が8割ないと受験ができなかった。

なんらかの事情で中学に行くことができなかった子どもたちの中で、

どんなに成績が良くても、

どんなに高校に行きたくても行くところがない・・・ということが、大きな問題でした。

だから、通信制の高校を作ったんです。

 

大切なのは自主性

小中学生のころに療育することによって、ある程度の社会性はできます。

でも高校生になると、ある意味大人の世界なので、そこに対するセラピーとなるとまた別になってくるんですね。

だから私たちは、他の放課後等デイサービスでやっていることと同じことをしようとは思いません。

コミュニケーション力を高める・・とかいろいろあるけど、最終的に18歳になった時に必要なものって、自主性なんです。

幅広い年齢の子どもたちがいるこの教室の中で、それが自然に出来上がってくるんです。

保護者からの声

「子どもが楽しく通っています。」と言われることが多いです。

子どもが、「さくらいきたい!」って行ってくれるのが一番うれしい。

帰りたくないって、泣いてしまう子もいるんですよ。

今後について

新しいところでは、運動系のプログラムに力を入れようと思っています。

今の運動は体を動かすことを中心にやっているが、運動に特化した人にきてもらって、それぞれに特徴づけをしていきたい。

それが多分、ご両親も望んでいる。

放課後だからこそできること

わたしたちはある意味”表の教育”ではないんですよね。あくまで放課後だから。

でも、

放課後だからこそ、学校教育じゃないことができると思っている。

 

保護者の居場所

テラスさくら町田は、保護者の居場所でもあるんです。

気軽に相談してもらったり、保護者会もあります。

「保護者会」とは呼ばず、「ふらっと」として開催しています。

保護者同士が気楽に話せる場所は、とても重要だと感じています。

凸を見つける

子どもたちが18歳になった時に、

「進学か、就職か?」という進路の、ある種の”答え”をだしてあげなくてはいけない、と私たちは思っています。

親は間違いなく、先に亡くなる。

そうなった時に、自分の子供が社会的にどういった方向性をもっていくか?という立ち位置が、必要になってくるんです。

それに対してのプログラムをやっていますが、それが、できるならキャリアにつながるといい。

発達障害の子どもはすごく真面目。

どっかの能力が足りないだけで、凸と凹がある。

凸の部分がどこなのか?というのを、保護者と一緒に見つけてくのが私たちの使命だと思っています。

 

 

 

テラスさくら町田 ホームページ

ピア高等部(旧横浜アカデミー町田校)ホームページ