悩み事解決策

偏食・栄養が心配なお子さまのためのサプリ mog

サプリメントmog

こんにちは。

発達凸凹情報サイト 管理人の伊藤真穂です。

 

「偏食がひどくて栄養が十分に取れているか心配」

「食事療法を取り入れたいけど、大人向けのサプリメントは勇気がいる・・」

そんなお悩みのママたちのために今回ご紹介するのは、あるママが病気の我が子のために開発した「こどものためのサプリメント」です。

 

子どもたのめサプリメントmogとは?

mogはパッと見たところ、よくあるラムネのように見えます。

サプリメントmog

うちの子どもにも、「はい、美味しいラムネどうぞ」といってあげたら、喜んで食べました。

「もっとちょうだい!」と言うぐらいでした。

完全に、ラムネだと思っています(笑)

 

mogは、22種類の栄養素が入ったマルチビタミン・ミネラルサプリメントです。

2粒あたりの含有量

mogの栄養素

出典:http://www.kodomo-mog.jp/mog#ganyuryo

 

発達障害の子どもに必要な栄養素

発達障害の子どもに足らない栄養素として、ビタミン・ミネラルがあげられます。

我が子も毛髪検査で、

  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • カルシウム
  • 亜鉛

などなど、

これらの栄養素が「足りていない」とでてきました。

↓↓詳しくはこちらの記事

【食事療法とは?種類と検査方法、長く続けるための5つのコツ】

食事で取ろうにも、相当な量をバランスよく食べないといけません。

どうしても、サプリメントに頼らざるを得ないのですが、大人用の錠剤だと「水と一緒に飲み込む」ということができず、諦めていました。

でも、mogはそんな悩みを解決してくれました。

 

開発者の想い

ここで、開発者の小浦ゆきえさんのメッセージの一部をご紹介させてください。

mogは、わが子のために作ったサプリメントです。

〜中略〜

息子の病気がみつかり、教えられたことがあります。
それは、世の中には栄養補助が必要な子どもたちもいるということ。
そして、そんな子どもたちに栄養を摂らせてあげたくても、いまの日本では使える製品が限られていることでした。

「良いものがないなら、作るしかない」

こうして、子どもがおいしく食べられる、子どものためのサプリメント「mog」が誕生しました。

引用:mogオフィシャルサイト 開発者の想いより

 

通常のビタミン系のサプリメントは、かなり酸味が強く、子どもには刺激が強すぎて食べられないかもしれませんが、mogは小さいお子さまも大好きなパイナップル味です。

「栄養を考えて一生懸命作った料理を、食べてくれない」

「栄養素が足らないのはわかっているのに、食事もサプリからも取れずにもどかしい」

そんなママの辛さやイライラを、解決してくれるのがmogかもしれません。

 

是非、お試しくださいね。

詳細・ご購入はホームページより

mog

 

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の子どもを伸ばす3つのアプローチ

自由に寝そべる子ども

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?
どんな特徴があるの?
原因は?

集団行動ができない、忘れ物が多い、切り替えが苦手・・など、子どものよくある悩みの解決策と、

親が自宅でできることを、まとめました。

子どもを少しでも伸ばしたい、
できることを増やしてあげたい、
問題行動を減らしたい・・・

そんな親御さんのヒントになることを願います。 続きを読む

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?癇癪、こだわり・・よくある4つの悩み別対処法

遊ぶ子どもの手

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?どのような特徴があるの?

ASDの子育ては、「こんな時、どうすればいい?」という悩みがつきません。

この記事では、その特性や診断名にについてだけでなく、今すぐ使える具体的な子育ての悩みに対しての対処事例と、親として何ができるのか?をまとめました。

続きを読む

学習障害の子どもの世界とは?成人した男性が語る9つの苦手と子育てに大切なこと

学習

学習障害(LD)という言葉がTVなどでも報道されるようになったのは、ごくごく最近のことです。

まだ一部の人しかその名称を知らなかった15年以上前に、学習障害と診断された現在27歳の方のお話を伺いました。

小さいころのこと、
診断された時の気持ち、
大学院までの道のり、
母親にしてもらってよかったこと・・

学習障害のお子さまをお持ちの親御さんはもちろん、

子どもの教育に関わるすべての方に、子どもを理解するためのヒントになると嬉しいです。

続きを読む

スマホが手放せない子どものために、無料でできるブルーライト・電磁波対策

パソコンからのブルーライト

わが家の中1の息子も、小6の終わりに、とうとうスマホデビューしました。

次男は、ipadで動画を見ることが大好きで、いつもかじりついています。

子どもにとって、これらの機器の心理的に与える影響はもちろんですが、体そのものに与える影響も、気になるところです。

特に、発達障害の子どもは、あらゆる感覚に敏感です。

この記事では、最近よく耳にする「ブルーライト」と「電磁波」についての正しい知識と、親ができる対策をご紹介します。

子どものスマホ問題は悩みが尽きませんが、まずは心配から来るイライラの種を、1つでも減らすことができたら嬉しいです。 続きを読む

学習障害の診断を受けてから〜効果のあった支援・失敗した支援〜

学ぶ手

前回の記事学習障害とは?〜6つの能力ごとの障害と年齢別の特徴〜の続きです。

記事を書いたのは、長女さん(平成19年生まれ)は自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)、次女さん(平成20年生まれ)は学習障害(LD)と診断されているお子さま達を子育て中の、たなかまひろさん。

診断を受けるまでどうだったか?
家庭でどんな支援をしたのか?
失敗した支援とは?

など、ご紹介してくださいました。

続きを読む

不器用な子どもでも履きやすい上履き

入園・入学準備に必須の「上履き」

一般的によくあるバレーシューズは、不器用な子どもにとっては履きづらいものです。

上履きが履けないだけで、イライラして何もかもが嫌になってしまったり、その小さなつまづきから園や学校そのものを嫌になってしまう場合もあります。

わが家の不器用な次男も、小学校入学後に、上履きがうまく履けなくていろいろな行動が遅れてしまったり、イライラして泣き出していました。

でも上履きを履きやすいものに変えただけで、朝のイライラがなくなり、笑顔で学校に通えるようになりました。

この記事では、特別支援学級の先生からのアドバイスを元に、不器用な子どもにも、苦労せずに履ける上履きをご紹介します。

続きを読む

発達障害の子の特徴 ~感覚の過敏と鈍麻~

耳をふさぐ男の子

発達障害を持つ子どもの感覚の違い

発達障害の子どもは、ある感覚がとても敏感だったり、逆に鈍いことがあります。

 

例えば・・・
・シャワーを浴びるたびに奇声を発して嫌がったり
・セーターのチクチクが我慢できなかったり
・お豆腐やササミやうどんしか食べない子ども
・大勢の中で、耳をふさいだり、逃げ出してしまう子 続きを読む

言葉の発達がゆっくりな子どものための言語指導について

言語指導とは

言語指導とは、ことばの発達がゆっくりなお子さんに対して言語聴覚士が行う、『言語聴覚療法』のことです。

 

言語聴覚士とは、英語でSpeech-Language-Hearing Therapistのことで、略してSTと呼ばれます。
言語聴覚士(以下ST)とは、国家資格を持つ、リハビリテーション専門職の一つです。きこえやことば、口から食べることの問題を抱える方とその保護者に対して各種検査や評価を行い、その結果に基づいて目標を決め、支援と指導を行います。 続きを読む