スマホが手放せない子どものために、無料でできるブルーライト・電磁波対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンからのブルーライト

わが家の中1の息子も、小6の終わりに、とうとうスマホデビューしました。

次男は、ipadで動画を見ることが大好きで、いつもかじりついています。

子どもにとって、これらの機器の心理的に与える影響はもちろんですが、体そのものに与える影響も、気になるところです。

特に、発達障害の子どもは、あらゆる感覚に敏感です。

この記事では、最近よく耳にする「ブルーライト」と「電磁波」についての正しい知識と、親ができる対策をご紹介します。

子どものスマホ問題は悩みが尽きませんが、まずは心配から来るイライラの種を、1つでも減らすことができたら嬉しいです。

 

スマホが子どもの体に影響する2つの心配事

”スマホ依存”などの心理的な影響はもちろん、

やはり「体に悪いのでは?」「睡眠に影響するのでは?」「眼や脳への影響は?」といった、身体的な影響への不安もあります。

この記事では身体的な影響に特化して、

  • ブルーライト
  • 電磁波

について取り上げます。

 

ブルーライト

ここ数年、「ブルーライト対策メガネ」とともに一般的になってきた「ブルーライト」という言葉。

聞いたことがある方も多いかもしれません。

では、いったいどんなものなのでしょうか?

ブルーライトとは?

ブルーライトとは、その名の通り「青い光」のことで、人間が見ることのできる光(可視光線)の中で最もエネルギーの強い光と言われています。

下の図を見てもわかるように、ブルーライトは、短波長の体に悪そうな領域(X線、紫外線など)のギリギリの位置にいますね。

参考図:光の波長とブルーライトの位置

電磁波とブルーライト

近年、なぜこのようなブルーライトが話題になっているかというと、パソコンやスマホ、ゲーム機の液晶画面というのは、後ろから光をあてて(バックライト)モニターを表示しているんですね。

今のバックライトには、LED(発光ダイオード)が使用されていることが多いため、ブルーライトを強く発生させています。

確かにスマホやパソコンの画面って、”青白い”感じがしますよね。

パソコンからのブルーライト

 

ブルーライトが引き起こす症状

実際、ブルーライトがどのような健康被害を引き起こすのでしょうか?

実はまだ、科学的には証明されていないそうです。

ただよく言われているのは、

  • 網膜へのダメージ
  • 目の疲れ
  • ドライアイ
  • 生体リズムが狂う

などなど・・・。

これらは、ブルーライトうんぬんというより、パソコンやスマホにかじりついていれば、誰でもなりますよね。

証明されていなくても、大切なわが子のために、少しでも負担を軽減したいというのが、親心です。

 

3つのブルーライト対策

近年のブルーライト対策は、非常に進化しています。ここでは3つの方法をご紹介します。

メガネ編

メガネは各メーカーが【PC用メガネ】として出しています。

「Zoff PC」

http://www.zoff.co.jp/sp/zoffpc/

「JINS SCREEN」

https://www.jins.com/jp/jins-screen/

最近では子ども用も出ています。

 

シート編

スマホに液晶保護フィルムを貼ると思いますが、その中にブルーライトをカットしてくれるものがあります。

これから保護フィルムを貼るなら、ブルーライトカットにしておくと安心ですね。

 

デバイス編

お金をかけずに、すぐできる方法がスマホそのものの設定です。

iPhoneとアンドロイド系では違うので、それぞれご説明します。

iPhoneの場合

iPhoneでは「Night Shift」という機能を使用して、ブルーライトの軽減ができます。

※こちらの機能はiPhone5s以降のみ搭載

 

1,【設定】−【画面表示と明るさ】

iphoneの設定

 

2,【Night Shift】をタップ

Night Shiftの設定

 

3,色温度を”暖かく”の方にお好みに合わせて調整。

【手動で明日まで有効にする】だけだと毎日設定しないといけないので、【時間指定】で夜間や使用する時間を設定しておくと、ずっと設定した状態が続きます。

色温度の設定

 

私も設定していますが、目の疲れは軽減しました。

 

アンドロイド系スマホの場合

こちらは現在のところ設定ではできないので、専用のアプリをインストールします。

Google Playで「ブルーライト」で検索すると、色々なアプリがでてきます。

有名なのはこちら↓

【ブルーライト軽減フィルター】

ブルーライト軽減フィルター

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ne.hardyinfinity.bluelightfilter.free&hl=ja

パーセンテージを指定して、「ON」にすると画面からブルーの色みが減り、セピアっぽくなります。

タイマーで指定すれば、夜間だけONにする、などの設定が可能です。

 

ここまでが、ブルーライトに関しての設定でした。

続いては、もう一つの心配事・・

電磁波です。

 

 

電磁波

 

 

電磁波

電磁波は子どもに悪い、健康に良くない・・

そんな話を耳にしますが、いったい電磁波とは何者なのでしょうか??

電磁波とは?

電磁波(でんじは 英: electromagnetic wave)は、空間の電場と磁場の変化によって形成される波(波動)である。いわゆる光(赤外線、可視光線、紫外線)や電波は電磁波の一種である。

出典:Wikipedia

 

 

ということは、ブルーライトの説明の際に表示したこちらの図。

電磁波とブルーライト

すべて、電磁波の一種ということになります。

電磁波というと、人工的なもののイメージがありますが、太陽光や宇宙から降り注ぐ放射線も電磁波のひとつ・・ということになります。

要するに、私たちの身の回りに当たり前に存在しているもので、何か特別な悪いビームというわけではありません。

 

スマホや家電の電磁波

先ほどの図でもわかるように、電磁波は、その波長の長さによっていくつもの種類に分かれます。

その中で、スマホから発生する電磁波はマイクロ波と言われるもので、電子レンジと同じです。

IHの調理器具なども電磁波が強い、と聞いたことがあるかもしれませんね。

IH家電

 

電磁波が人体に与える影響

「送電線の近くで白血病が増える」

「携帯電話の使用で脳腫瘍が増える」

世界中で、そんな懸念を抱く人が増えています。

しかし、現段階でWHOは【電磁波が人体に影響を与えるという科学的根拠はない】としています。

だだし【さらに研究する必要がある】ともしています。

出典:電磁界情報センター http://www.jeic-emf.jp/note_who_japanese/who_japanese_20130501/about.html#who_japanese_04

 

スマホの電磁波が問題視されているのは、その使用時の人体との距離になります。

電子レンジを肌身離さず持ち歩く人はいませんが、携帯電話は常に私たちの体に密着しています。

スマホが普及して、まだ10年も経っていません。

何がどう影響するかは、誰にもわからないのです。

 

電磁波過敏症

電磁波に関する症状で有名なものとして、アメリカの医学者ウィリアム・レイ氏によって命名された「電磁波過敏症」というものがあります。

その症状は、

  • 皮膚がチクチクする
  • 頭痛
  • 疲労
  • ストレス
  • 睡眠障害
  • めまい
  • 吐き気

・・・・などなど。

しかし、こちらもWHOは「医学的根拠はない」としています。

確かに、上記の症状は様々な原因でよくある症状ですね。”電磁波の影響”と限定するには難しそうです。

が、実際に訴えている人がいることは確か。

引き続き、調査は続いているようです。

 

3つの電磁波対策

影響はない・・としても、やはり心配だから何かしたいのが親心です。

前述の通り、電磁波は私達の日常に溢れているもの。電磁波のを受けない生活はできませんが、一番体に近い距離で使用するスマホに対してぐらいは、何か対策をしておきたいですね。

以下、できる対策を3つご紹介します。

 

電磁波吸収シール

電磁波を吸収する!カットする!というシールは、いくつか販売されています。しかし、こういったシールにどれだけ信憑性があるのか、効果があるのは、わかりません。(そもそもカットしたら通話ができないのでは?)

それでも今回ご紹介したのは、夫がこのシールをスマホに貼ったら、使用時に感じていた頭痛がなくなり、使っていても軽くなった・・・とのこと。

会社のパソコンにも、ipadにも貼りたいと言われましたが・・・。うーん、何枚買えばいいんだよ・・・。

 

こんな風に、スマホの裏に貼り付けます。

電磁波吸収シート

夫は敏感なので、「スマホは頭が痛くなる」と、以前から言っていました。

そんな方は、まずは試してみてもいいかもしれません。

 

電磁波吸収シート

次男のipad用に2枚、
長男のスマホにも貼りました。

長男は、何も感じないそうですが・・・。

 

電磁波防止シール

こちらは、スマホで電話をかける際の頭部への影響を弱める・・というシールです。

開発者がソニー出身の工学博士ですし、様々な実証データも集めて公開していて信頼できそうですが、こちらは電磁波を吸収するのではなく、エネルギーの方向を変えるものです。

頭部ではなく、持っている手の方向に変えるのです。

・・・脳は守れても、手は大丈夫なのか??という素朴な疑問が残ります。

 

日常でできること

様々な情報を総合すると、

結局、スマホの問題点は「体に密着させて使うこと」にありそうです。

 

Apple社は高周波(RF)曝露情報として、各機種ごとの情報を公開しています。

出典:「安全性に関する重要な情報」https://help.apple.com/iphone/11/?lang=ja#/iph301fc905

iPhone7の場合、

【設定】−【一般】−【情報】−【法律に基づく情報】−【高周波曝露】で、確認することができます。

高周波曝露

ここでも、

【減らすならハンズフリー機能やヘッドフォンを使ってね】と書いてあります。

 

要するにスマホを使う場合は、

  • 極力、体から離す
  • 通話の際は耳に直接つけて話さない(ハンズフリー、イヤフォン)
  • 長時間の使用は避ける

ということになります。

ちょっと意識するだけで軽減できるなら、やらないよりもやったほうがいいですね。

 

まとめ

  • ブルーライト対策でまず試したいのは、iPhoneだったら色温度の設定。その他はブルーライト軽減アプリをやってみる。それが難しい場合はフィルターを貼ったり、メガネを試してみてください。
  • 電磁波対策は、とにかく体に密着させない工夫をすること。気になるようだったら、吸収シートなども使ってみる。

いかがでしたでしょうか?

現代は中学生以上の子どもに、スマホは必須アイテムとなっています。

年齢的にも、規制は難しくなります。

だからこそ、

脳や体が発達する大切な幼児期には、できるだけスマホに触る機会を減らしたほうがいいと、私は思います。

小さいうちなら、他のことで注意をそらすことができるからです。

 

誰もがスマホを持つようになって、まだ10年も経っていません。

人間に与える影響については、私たち自身が、身をもって実験中なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メールマガジン

900名以上の方が登録中です。

最新記事のお知らせ、

限定セミナーの先行案内など・・

 

大変な子育てが、

ふっと楽になるようなママ目線での情報を配信中。

 


ご登録はこちらから