知らないと損する!タッチケアの驚くべき効果について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
藤森史子先生

発達凸凹アカデミーの伊藤真穂です。

当スクールの「こどもの発達アドバイザー養成講座」の中で、「タッチ&アロマケア」という講座があります。

先日、担当講師のタッチケアセラピスト 藤森史子先生より、講座を受講された皆さまから「タッチをした後の変化」についてのレポートを、まとめていただきました。

その内容の素晴らしさに、ますますタッチケアの素晴らしさ・重要さを伝えていかないと!と思い、改めてこちらでもご紹介いたします。

タッチケアって何?という方は、まずはこちらの記事をご覧ください。

『発達障害をもつお子さまのためのタッチケア』

 

寝る前のタッチが与える効果

「就寝前にタッチをしたら、よく寝てくれるようなった」
「眠りが浅かったのに、朝までぐっすり寝た」

寝る前のタッチが効果的だったという声が、とても多かったのが印象的でした。

以下、実践したママたちのご感想です。

 

愛しいと思った。怒ってばかりだけど、タッチケアで1日を終われると、ちゃんと大好きだよということを伝えられているようで、嬉しかった。

 

プリプリ怒って「やり方が違う」「やるな」と言うのでやめると、「やってよ ︎」と怒り出す。内心わたし自身もイラッときたけれど、無言で続けると穏やかになってきた(お互いに)

 

眠くなってる時にやったこともあり、タオルケットをかけて撫で始めると、秒殺で眠りにつきました。
<翌日>
「お母さん、昨日やった撫でるやつ あれまたやって! あれだとすぐ眠れるんだよね」と自分から催促してきました。横になって、タオルケットをかけると嬉しそうに丸まり、しばらくすると寝息が聞こえてきました。

 

講座以来、毎晩(タッチケアを)していますが、寝入る時間も安定してきて、生活リズムがメリハリついてます。
私もイライラが減ってきて、寝る前の時間がタッチケア通してオキシトシン全開なのか眠りがよくなっている気がします。

朝起きてからのタッチケア

いつもは寝起きが最悪でしたが、泣き叫ばずに起きられた。
普段目が覚めて布団から出るまでに時間がかかるが、終わった後すぐに起き上がっていた。気分もあがっていた。

 

いつもは、急いでだんだん起きないとイライラしてきますが、「タッチをやってみよう」とちょっと気持ちの余裕がもてました。
私が無駄にイライラしていた朝の時間ですが、タッチのおかげでお互い心地よくスムーズに進み驚きました。今後も取り入れたいと思いました。
グリーン

親の心の変化

タッチケアは、触れられる方だけでなく、触れる方にも変化があります。

「こどもの成長を感じた」「イライラが減った」などお母さん側に変化や気付きがあった、というご感想もいただいています。

今まで、親としてやる側としての気持ちしか感じていなかったことに気が付きました。
やってあげる、気持ち良くしてあげる、治してあげたい。
頭では理解してたつもりですが、あげあげの気持ちが強かったと認識しました。
先生の言っていた、相手を一番に尊重する、相手に寄り添う気持ち、と言うのに欠けていたんだなーと気が付きました。
私自身も、相手の気持ち良さに気持ちを委ねてみたら、すーっと気持ちの力が抜けて一緒に心地良かったです。
不思議な感覚でした。

 

疲弊していた私自身が子どもたちからパワーをもらえたこと、さわらせてもらうことで癒されていたことを思い出しました。疲れている時や忙しい時ほど、生活や子どもたちと向き合うことがおろそかになりがちだけど、むしろその時に意識して大切にすることが自分自身の見返りにもなるのかもしれないと感じました。

 

いつも、怒ってばかりいて優しい言葉もかけられないことが多いが、『あなたのことが大好き』と思いながらタッチ出来たので、こちらの気持ちが嬉しくなった。
ハート

その他の効果

  • 寝る前にタッチをしたらおねしょがなくなりました。
  • 爪噛みがなくなりました
  • 習い事にすんなり行けるようになった
他にも、
お子さまだけでなく、ご主人や友人、職場で実践してみて、「こんなところで意外な効果が!」と感じた方もいらっしゃいました。
  • 夫に。言葉で伝えられない気持ちを伝えられているようで嬉しかった。
  • バレーボールで。ハイタッチをいつもより積極的にやったらチームワークがよくなった
  • ママ友に。より仲良くなれた気がした。

 

このように、タッチケアを通して親子関係がよくなった、イライラが減った、というお話をたくさんいただきました。

また、きょうだい児とのコミュニケーションにも有効だったという声も、ありました。

発達障害の有無に関わらず、

あらゆる人間関係の向上、自分自信のためにも、タッチケアは有効だということを、皆さんのご感想を読んで改めて感じました。

 

藤森先生の、脳と感覚をベースにした論理的な解説も、わかりやすく大変好評でした。

発達凸凹アカデミーでは、さらにアロマの知識も合わせて”タッチ&アロマケア”として学ぶことができます。
↓↓↓
2018年1月スタート 2期生募集中『子どもの発達アドバイザー養成講座』

子どもの発達アドバイザー養成講座

 

講師の藤森先生については、こちらのホームページをご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもを伸ばす3つの基本が学べる

◆発達凸凹アカデミー◆

2018年1月スタート2期生募集中

【子どもの発達アドバイザー養成講座】

・本当に効果のある 支援方法

・一生モノの心を作る タッチ&アロマケア

・体の中から改善する 食事療法

ネットでも受講可能。


詳細はこちら