講師紹介

石田三貴先生

石田三貴

 

石田三貴
/おやこつながリフレアドバイザー

ふたりの発達凸凹っ子ママ。
仮死産で娘を出産後、リフレクソロジーで親子の気持ちを紡いでいく。
発達に個性のある子にとって、触れ合うことの気持ちよさや安心感が、どんなに大切なことなのかを子育ての中で感じ、足のうらから「子どものそのまんま」を見つめること、受けとめることの大切さや、親子で触れ合うことの喜びや楽しさを、実体験をふまえてお伝え中。
また、障がいのある子の兄弟・姉妹がママをひとりじめし、ママも「きょうだい」とゆっくり向き合う空間づくりに情熱を燃やしている。

夢は障がいのある子も、元気な子も、安心して過ごせる場所をつくること。

もっと教えて!
そんな方はこちらを見てね→http://rahat-refle.com/

HP / Blog

お申込み・お問い合わせはこちらからお待ちしております。

鈴木紗絵子先生

鈴木紗絵子先生

 

 

/ペアレントトレーニングファシリテーター

横浜市を中心に、ペアレントトレーニングファシリテーターとして活動。認定心理士、チャイルドコーチングアドバイザー、発達障害コミュニケーション初級指導者。小学生の双子+園児の3人の男の子の母。

ブログ
メールマガジン

浜田悦子先生

/おうち療育アドバイザー

『元発達支援センター指導員』で『自閉症スペクトラムの息子の母』という2つの経験を生かし、同じ悩みを持つお母様方に、家庭でできる療育アドバイスや、カウンセリングを行っている。
日常生活や社会性の悩みへの対処法を、具体的に指導。
Blog
HP メルマガ

灰谷佑季先生

灰谷佑季

 

ブレインジムインストラクター&ライフコーチ

「どう生きるか」という子供の共育に興味を持ち始めてから、コーチングとの出会いをきっかけに心理学などを学ぶ中でブレインジムに出会い、2011年にブレインジムを広めるためにキャンピングカーで9ヶ月間日本を回る。現在は、淡路島から「生きる力が溢れ出す」をテーマに、ブレインジムやBBA(ビルディング・ブロック・アクティビティ)などの講座、お子さんや大人の方の個別セッションをしています。

Blog

めごめご先生

藤森史子

Liddlekidz国際リドルキッズ協会認定タッチケアセラピスト(小児上級・自閉症・NICU・小児がん)/ アロマボディセラピスト

様々な障害や病気をもつ子どものためのタッチケアインストラクターとして、緩和ケアセンターでアロマケアを行うセラピストとして、「人が人にふれる」ことの大切さをたくさんの方に知ってもらうための活動をしています。
タッチケア教室では、自閉症スペクトラムに特徴的な脳神経のしくみと行動の関係や、タッチ(皮膚感覚)と脳や神経系との密接な関係をわかりやすくお伝えし、いつでもどこでも気軽に続けられるタッチを練習しています。

Blog  HP

木村寿代先生

専門は、小児のことばの発達障害全般。
九州の療育センターで12年勤務した後、独立し、首都圏中心に、ことばの相談や巡回指導を行っている。
昨年相模原の自宅で、ことばの相談室【結】を開業。
ことばの問題を中心に、子どもの発達や性格に合わせた関わり方の指導を得意としている。

Blog  

堀内祐子先生

堀内祐子先生

 

発達障害をもつ4人の子供の母親
2005年より星槎大学で発達障害について学ぶ
2006年より全国で、発達障害、不登校、子育てに関する講演を行う。
自閉症スペクトラム支援士
特別支援士
傾聴心理士
著書『発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと』
著書『発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ』

堀内祐子HP

Ameba Blog

長南華香先生

 

デザイナー、プランナーとして活躍しながら、ママと子どもがよりお互いを理解し、共に成長をしていけるような講座や個人セッションなどを行う。カウンセリングを2,000組以上、講座・ワークショプの総動員数1,500組以上。
”新しいタイプの子どもたち”、”ひかりの子どもたち”という視点から、親向けの講演やワークショップも数多くこなす。

詳しいプロフィールはこちらから

Blog