食事療法

グルテンフリー、カゼインフリーで美味しいケーキのご紹介

こんにちは!

発達凸凹情報サイト 管理人の伊藤真穂です。

 

発達障害の食事療法と言えば、

  • グルテンフリー
  • カゼインフリー

が基本ですね。

小麦粉に含まれるグルテンと、乳製品に含まれるカゼインをやめる、又は控える。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

食事療法とは?種類と検査方法、長く続けるための5つのコツ

 

でも、たまには子どもにあまーーいケーキを食べさせてあげたい!って親なら誰でも思うこと。

今日はそんな方に美味しくってヘルシーなケーキのご紹介です。

 

食事療法の心得

食事療法を、どこまで極めるかってすごく難しいところです。

完璧にやればやるほど、効果は上がるのでしょうが、

頑張りすぎて、ストイックになりすぎて、家族から笑顔が消えてしまっては、何のためにやっているのかわかりません。

 

食事をする前に、私たち日本人は「いただきます」って言いますよね。

 

「美味しいね」って言いながら、感謝をこめていただく

それが本来の食事の役割。

 

食事療法は、その延長にあるものでなければならないと、私は思うのです。

 

美味しくって安全なもの

でも頑張っているときは、

「美味しさ」より「体にいいか」を気にしてしまいます。

 

白砂糖入りの小麦粉で作ったフワフワのスポンジケーキに、

たっぷりの生クリームケーキは間違いなく美味しい。

でも、

グルテンやカゼインを気にしている時は、

「せっかく頑張っているのに」

「こんなに食べさせて大丈夫かな?」

そんな罪悪感から、

美味しいものも美味しく感じないかもしれませんね。

 

だからこそ、

美味しくって安心して食べられるものを探すことも、食事療法の1つの楽しみにしてみてはいかがでしょうか?

ヘルシースイーツの進化

少し前だったら、ヘルシーで美味しいものを探すのは、ものすごく大変でした。

「素朴な味」に慣れてしまえば、その素材の良さになんとか美味しさを感じるのですが、そこまでいくにはけっこうな時間がかかるものです。

ところが今は、

ヘルシーでも美味しいものが、世の中にはたくさん出回っていて、さらにネットでも簡単に手に入れる時代になりました。

アレルギーに対応する商品も、とても増えています。

レストランにいっても、アレルギーに関する記載をしているところが多かったり、予約の際に聞かれたりしますよね。

あと数年したら、普通のレストランでもGF・CFの表示がされる日がくるのかもしれません。

 

原材料にもこだわったグルテンフリーなスイーツ

ここでは、私がネットで偶然見つけたケーキをご紹介します。

先週、発達障害の息子の7歳の誕生日でした。

給食ではパンを食べているのですが、このところ家ではほとんどグルテン入りのものを食べていません。

しかし、

誕生日ケーキぐらいはいいだろう、と思っていて、近所のケーキ屋さんでバースデーケーキを買いに行くつもりでした。(お菓子作りが大の苦手な私には、自分で作るという選択肢はありません・・・)

 

そんな時、偶然出会ったのが、京都のmusubi-cafeさん。

卵・乳・白砂糖を使わないスイーツを提供されています。

 

配送料を考えて、2種類購入してしまいました。

まずはこちらのチョコレートケーキ。

原材料:京都産豆腐、米粉、ココア、メープルシロップ、豆乳、タピオカ粉、くるみ、アーモンド、カシューナッツ、アルミフリーベーキングパウダー、塩、バニラエッセンス、ラム酒

※画像はHPよりお借りしました

京豆腐のチョコレートケーキ(4号型)

 

なんと、お豆腐ベース。

でも、言われないとわかりません。

ろうそく立てて、バースデーケーキにしました。

 

子どもは、もりもり食べていました!

チョコレートケーキ

 

ナッツ類がいいアクセントでした!

 

もう一つはこちら。

京豆腐の宇治抹茶ケーキ(4号型)

原材料:豆腐、米粉、抹茶、白玉粉、甜菜糖、メープルシロップ、豆乳、タピオカ粉、丹波黒豆、きな粉、アルミフリーベーキングパウダー、塩、シナモン

 

こちらはナッツの代わりに黒豆が入っています。

なんとも、日本人でよかったなーと思わせてもらえる味。スポンジ部分も一緒についていた美味しく食べるヒントを参考にすると、出来たての美味しさを味わえます。

原材料も、ご覧の通りとってもシンプル。

これなら、子どもにも安心して食べさせられますね。

 

だいたいこういった製品は割高だったりするのですが、2つとも1つ¥2,100です。

近所のケーキ屋さんのホールより安いです。

 

京都には実店舗があるので、いつか行ってみたいなーと思いました。

musubi-cafe

 

食事療法をがんばっている最中でも、気兼ねなくスイーツを食べさせてあげたい!そんな方におすすめのケーキのご紹介でした。

 

 

 

偏食・栄養が心配なお子さまのためのサプリ mog

サプリメントmog

こんにちは。

発達凸凹情報サイト 管理人の伊藤真穂です。

 

「偏食がひどくて栄養が十分に取れているか心配」

「食事療法を取り入れたいけど、大人向けのサプリメントは勇気がいる・・」

そんなお悩みのママたちのために今回ご紹介するのは、あるママが病気の我が子のために開発した「こどものためのサプリメント」です。

 

子どもたのめサプリメントmogとは?

mogはパッと見たところ、よくあるラムネのように見えます。

サプリメントmog

うちの子どもにも、「はい、美味しいラムネどうぞ」といってあげたら、喜んで食べました。

「もっとちょうだい!」と言うぐらいでした。

完全に、ラムネだと思っています(笑)

 

mogは、22種類の栄養素が入ったマルチビタミン・ミネラルサプリメントです。

2粒あたりの含有量

mogの栄養素

出典:http://www.kodomo-mog.jp/mog#ganyuryo

 

発達障害の子どもに必要な栄養素

発達障害の子どもに足らない栄養素として、ビタミン・ミネラルがあげられます。

我が子も毛髪検査で、

  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • カルシウム
  • 亜鉛

などなど、

これらの栄養素が「足りていない」とでてきました。

↓↓詳しくはこちらの記事

【食事療法とは?種類と検査方法、長く続けるための5つのコツ】

食事で取ろうにも、相当な量をバランスよく食べないといけません。

どうしても、サプリメントに頼らざるを得ないのですが、大人用の錠剤だと「水と一緒に飲み込む」ということができず、諦めていました。

でも、mogはそんな悩みを解決してくれました。

 

開発者の想い

ここで、開発者の小浦ゆきえさんのメッセージの一部をご紹介させてください。

mogは、わが子のために作ったサプリメントです。

〜中略〜

息子の病気がみつかり、教えられたことがあります。
それは、世の中には栄養補助が必要な子どもたちもいるということ。
そして、そんな子どもたちに栄養を摂らせてあげたくても、いまの日本では使える製品が限られていることでした。

「良いものがないなら、作るしかない」

こうして、子どもがおいしく食べられる、子どものためのサプリメント「mog」が誕生しました。

引用:mogオフィシャルサイト 開発者の想いより

 

通常のビタミン系のサプリメントは、かなり酸味が強く、子どもには刺激が強すぎて食べられないかもしれませんが、mogは小さいお子さまも大好きなパイナップル味です。

「栄養を考えて一生懸命作った料理を、食べてくれない」

「栄養素が足らないのはわかっているのに、食事もサプリからも取れずにもどかしい」

そんなママの辛さやイライラを、解決してくれるのがmogかもしれません。

 

是非、お試しくださいね。

詳細・ご購入はホームページより

mog

 

食事療法とは?種類と検査方法、長く続けるための5つのコツ

和食

子どもが発達障害と診断された、又はその疑いがあるとわかった時、何としてでもできることをしたい!と思うのが、親心ですよね。

療育施設での支援だけでは不安だし、なかなか思うような結果がでない・・・もっとできることはないか?

 

そんな方は、体の中からアプローチする「食事療法」というものがあります。

 

この記事では、発達障害の食事療法について、様々な手法と検査方法、長く続けるためのコツなどをご紹介します。 続きを読む

食と発達の大きなつながり

春名 愛乃さん

武蔵小杉にてマクロビオティックを基本とした食や、自然療法をテーマにママの学びの場『おしゃもじサロン』を主宰。豊富な知識と明るく元気な人柄が、ママたちに大人気の先生です。
Blog facebook

現在の活動について

食の安全を軸に親子向けの講座や、イベントをやっています。
今は甘酒などの発酵食のクラスに力を入れています。 続きを読む