dekoboko

学習障害の子どもの世界とは?成人した男性が語る9つの苦手と子育てに大切なこと

学習

学習障害(LD)という言葉がTVなどでも報道されるようになったのは、ごくごく最近のことです。

まだ一部の人しかその名称を知らなかった15年以上前に、学習障害と診断された現在27歳の方のお話を伺いました。

小さいころのこと、
診断された時の気持ち、
大学院までの道のり、
母親にしてもらってよかったこと・・

学習障害のお子さまをお持ちの親御さんはもちろん、子どもの教育に関わるすべての方に、子どもを理解するためのヒントになると嬉しいです。

続きを読む

スマホが手放せない子どものために、無料でできるブルーライト・電磁波対策

パソコンからのブルーライト

わが家の中1の息子も、小6の終わりに、とうとうスマホデビューしました。

次男は、ipadで動画を見ることが大好きで、いつもかじりついています。

子どもにとって、これらの機器の心理的に与える影響はもちろんですが、体そのものに与える影響も、気になるところです。

特に、発達障害の子どもは、あらゆる感覚に敏感です。

この記事では、最近よく耳にする「ブルーライト」と「電磁波」についての正しい知識と、親ができる対策をご紹介します。

子どものスマホ問題は悩みが尽きませんが、まずは心配から来るイライラの種を、1つでも減らすことができたら嬉しいです。 続きを読む

食事療法とは?種類と検査方法、長く続けるための5つのコツ

和食

子どもが発達障害と診断された、又はその疑いがあるとわかった時、何としてでもできることをしたい!と思うのが、親心ですよね。

療育施設での支援だけでは不安だし、なかなか思うような結果がでない・・・もっとできることはないか?

 

そんな方は、体の中からアプローチする「食事療法」というものがあります。

 

この記事では、発達障害の食事療法について、様々な手法と検査方法、長く続けるためのコツなどをご紹介します。 続きを読む

運動療育セミナーのご案内

発達凸凹アカデミー主催

特別セミナーのお知らせです。

 

10/27(金)運動療育セミナー

7月のインタビュー記事

【運動を通じて”脳”を鍛える運動療育】

こちらの記事でご紹介した運動療育アドバイザーの国宝孝佳先生による、セミナーのご案内です。

国宝孝佳

 

リハビリ屋さんが、

”脳”という角度から発達障害の子どもを見て、科学的根拠を元に構築された【運動療育】

詳しく聞きたいなーと思って、

ダメもとで
「東京で講演してくれませんか?」って聞いてみたら、

快諾してくださいました(*^^*)

しかも、講演終了後に、
ご希望の方は個別セッションも。

すでに先行案内したアカデミーの生徒さんで、
半分以上お席がうまってしまいました。

気になる方はお早めに!

私から先生へのリクエストが、

「自宅ですぐに取り入れられる方法を教えてください!」なので、

理論+実践的な内容になっています。

以下、詳細となります。

講座詳細

発達凸凹アカデミー特別セミナー
「発達障がい児のための運動療育」

◎日時:10/27(金) 10:30~12:30

◎場所:渋谷 みんなの会議室

◎金額:6,000円 事前振込
(凸凹アカデミー受講生は半額)

◎定員:25名

◎講師:運動療育アドバイザー・理学療法士 国宝孝佳先生

◎主な内容:
・発達障がい児の脳の特徴(ワーキングメモリなど主に記憶や学習の部分)
・行動の理由
・運動療育基礎
・運動療育を創る

講演後、個別セッションをご希望の方は20分2,000円。ご希望の方はお問合せください。

お申込みはこちらから

お申込み後、自動返信で振込先等が届きます。
届かないよーという方は、お問合せください。

学習障害の診断を受けてから〜効果のあった支援・失敗した支援〜

学ぶ手

前回の記事学習障害とは?〜6つの能力ごとの障害と年齢別の特徴〜の続きです。

記事を書いたのは、長女さん(平成19年生まれ)は自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)、次女さん(平成20年生まれ)は学習障害(LD)と診断されているお子さま達を子育て中の、たなかまひろさん。

診断を受けるまでどうだったか?
家庭でどんな支援をしたのか?
失敗した支援とは?

など、ご紹介してくださいました。

続きを読む

絵カードを使った視覚支援とその効果〜おすすめ絵カード3選と自分で簡単に作る方法〜

絵カード

発達障害の子どもが苦手な事のひとつに、
「見通しを立てる」というのがありますね。

先に何がくるのかわからないという不安から、パニックや癇癪につながることも。

そのための支援策として、

療育施設などでもよく使用されている、「絵カード」や「見通しノート」で視覚的にサポートする、という方法があります。

この記事では、その有効性やネットですぐに購入できるもの、無料でダウンロードできるサイト紹介、自分で作る方法などを、様々なヒントと一緒にご紹介します。 続きを読む