先輩ママの経験談

【発達障害とは?】先輩ママが語る 発達障害の子育て

雨の中

この記事は、4人の発達障害のお子様を育てたお母さんであり、2006年より全国で、発達障害、不登校、子育てに関する講演を行う堀内祐子さんに、ご自身の経験から学んだ子育てのヒントを語っていただきました。

発達障害と分かるまで

わが家の長男は、赤ちゃんの頃はよく眠る、育て易い子でした。
長女がよく泣く赤ちゃんだったので、長男の育て易さに感動するくらいでした。 続きを読む

【不登校】子どもが学校へ行きたくないと言った時 4人の不登校経験から学んだこと

明るい兆し

わが家の4人の子どもたちは全員、発達障害があります。そして、それぞれ、不登校、もしくは不登校気味の時期がありました。

4人の子どものうち3人が家にいた時期もありました。

全員が学校に行って、猫たちと私だけになった日のことは今もよく覚えています。

その時の安堵感を思い出すと、やはり、子どもがいつも家にいるということは、しんどいことだったのだと思います。

今だからこそ言えることですが、不登校はマイナスに見られがちですが、実は良いこともいっぱいあると思っています。

 

子どもたちが不登校の時期をどのように過してきたか、

私がどのように関わってきたか、

どんな思いを抱いたか、

何を学んだか・・・

その中に皆様のお役に立てるヒントがあれば幸いです。 続きを読む

12歳 多動性・衝動性を伴う自閉症「子どもにとって本当の幸せとは」

ハート

お子様の現在の年齢と性別

長男 12歳 中学1年生(多動性・衝動性を伴う自閉症)

乳幼児期(0~2歳)の様子

赤ちゃんの頃は、こちらからの反応もとてもよく、表情や喃語も豊かで、よく笑ってエクボの可愛い子でした。

笑顔の赤ちゃん

10カ月頃には「パパ、マンマ」など話し始めていたので、まさか自閉症だとは気が付きませんでした。

ただ、布団や毛布を体に掛けて寝ることができないなど、感覚の過敏さが気になっていました。 続きを読む

中1 高機能自閉症 「小さい頃に思いっきり甘えさせてあげてもいい」

甘え

お子様の現在の年齢と性別

長男 12歳 新中学1年生(高機能自閉症)
次男 8歳 新小学3年生(自閉症スペクトラム)
三男 5歳 (診断名はついていませんが、現在療育4年目)

 

乳幼児期(0〜2歳)の様子

長男は生まれてからよく泣く子で、ずっと抱っこをして過ごしていました。主人の生活リズムが夜型というのもあり、早く寝かせたくてもなかなかうまくいかず、とにかく、育児がしんどかったです。 続きを読む

11歳 自閉症スペクトラム 「一緒に向き合ってあげること」

明るい兆し

お子様の現在の年齢と性別

11歳男児

 

診断名

自閉症スペクトラム症候群(アスぺタイプ)

 

乳幼児期(0〜2歳)の様子

添い寝の私がトイレに立つ度ギャン泣きするほど眠りが浅い。
1歳9か月に歩きはじめ。歩けないのではなく、抱っこしてほしいので歩きたくないという状態。
とにかく自我がとても強くカンシャク(ギャン泣き)がひどく毎日ヘトヘトでした。 続きを読む

17歳 アスペルガー症候群 「幼児の頃は不安ばかりだったけど」

小さな光

お子様の現在の年齢

17歳

性別

男性

診断名

広汎性発達障害(のちにアスペルガー症候群とも)

 

乳幼児期の様子、困っていたこと

慣れない人、場所に恐怖心が強く泣いてばかりいました。
私から離れず、公園でも他の子どもたちとかかわりを持とうとしませんでした。

言葉も遅れていたので、理由を親としてもわかってあげられず困りました。
1歳で保育園に入園しましたが、何年たっても毎朝泣かれてつらかったです。

小学校入学後の様子

少しずつ会話も増えてはいましたが、特別な配慮がない団体生活が行えるのか心配でした。
入学前の教育委員会の判定は個別支援級。 続きを読む