耳をふさぐ男の子

発達障害を持つ子どもの感覚の違い

発達障害の子どもは、ある感覚がとても敏感だったり、逆に鈍いことがあります。

 

例えば・・・
・シャワーを浴びるたびに奇声を発して嫌がったり
・セーターのチクチクが我慢できなかったり
・お豆腐やササミやうどんしか食べない子ども
・大勢の中で、耳をふさいだり、逃げ出してしまう子 続きを読む