言葉の遅れ

自閉症スペクトラムの子どもを伸ばすためにできる9つのこと 〜あらゆる療育を試した母が伝える失敗談とやってよかったこと〜

発達凸凹情報サイト 管理人の伊藤真穂です。

我が子がある日「自閉症スペクトラム」と診断されたら、親は不安と焦りで目の前が真っ暗になることでしょう。

  • 自閉症スペクトラムっていったい何?
  • どんな特徴があるの?
  • やりがちな失敗
  • 今からできることはある?

この記事では、4歳で自閉症スペクトラム障害と診断された現在小学校1年生の息子の、幼いころの特徴や、やってよかったこと、失敗したことなど、具体的にご紹介します。

続きを読む

言葉の発達がゆっくりな子どものための言語指導について

言語指導とは

言語指導とは、ことばの発達がゆっくりなお子さんに対して言語聴覚士が行う、『言語聴覚療法』のことです。

 

言語聴覚士とは、英語でSpeech-Language-Hearing Therapistのことで、略してSTと呼ばれます。
言語聴覚士(以下ST)とは、国家資格を持つ、リハビリテーション専門職の一つです。きこえやことば、口から食べることの問題を抱える方とその保護者に対して各種検査や評価を行い、その結果に基づいて目標を決め、支援と指導を行います。 続きを読む